20代独身、大学院生でアルバイト。貯金についての考えとは?

年齢は23歳で,独身です.子供はおりません.神戸大学の大学院で学生として日々学問を学び,研究に励んでおります.

仕事はアルバイトとして塾講師をしています.家族は5人家族で両親と二人の兄がおり,私は末っ子です.

現在の収入と支出内訳について

毎月の給料は,塾講師のアルバイトで稼いでいる3万円程度で,年収は35万円ぐらいです.貯金は大学生の4年間で貯めていた50万円ほどです.

内訳の説明をいたします.私は両親と暮らしているので,家に帰れば基本的に食事が用意されているのですが,帰宅時間の都合や人付き合いで外食が多く,たまに友達とお酒を飲みに行くことなどもあり,1万円ぐらいは食事代として使います.

また,通学の電車などで読書をする習慣があり,書物に5千円ほど使います.また,定期的に衣服を見て回り,ほしい服や自分に似合うと思う服を買うのに1万円ほど使ってしまいます.他には友達とカラオケやボーリングなどの遊びをするのに5千円程度使います.

このような内訳で毎月の給料は使い切ります.

学校の食堂で使うお金や学校で使う参考書のお金や,コンタクトレンズ代,病気になったときに必要なお金,大学に行くための交通費は親に出してもらっています.

旅行に行ったり,髪を切りに行ったりするためのお金は自分の貯金を切り崩しながら生活しています.

また,最近では,英語の資格試験TOEICの勉強をしているので,そのために使う教材代や受験料にお金を使っているため,毎月の給料よりかなり多く出費しています.

貯金について自身の考え方

貯金はするべき時にするもので,使うべき時に使うものだと思うので,無理にすべきではないと思います.

自分たちの年代はまだ社会に出ていない人や出たばかりの人もいるので,貯金をできていない人が多いと思います.貯金できている人は,将来を心配している場合や,ある目的があり貯金していると思います.

工夫としては,単純に勤務時間を増やせば収入が多くなり,お金を使う余暇の時間が減り貯金できるという結果につながると思います.また,お金のあまりかからない一つのことに没頭することで,無駄にお金を使ってしまう機会が少なくなり,貯金ができると思います.どうしても貯金したい場合は,その目的をより意識して過ごせば貯金できると思います.

逆に貯金できない人は,しっかりとした目的がないならばする必要はないと思います.でも貯金をする必要があるならば,その目的を意識して,貯金しなければどうなるのかをより具体的に考える必要があると思います.

結局,将来の自分を考えて,貯金の必要性について熟考することが,貯金するべきと考えるきっかけになり貯金する結果につながると思います.そして,将来の自分についてしっかりと考えるためには,自分より上の年代の人の話を聞くことが重要になると思う.

将来の展望と貯金計画

将来は立派な企業に勤めて,機械に関する研究に携わりたいと思っています.具体的には,トヨタ自動車や日産自動車に就職したいと考えています.

そのためには,これから研究を一年間し,具体的な結果を残せるように努力したいと思います.そのあとの就職活動で自分の思いや考えを伝え,自分に合う企業に勤めたいと思います.

給料はあまり重視するつもりはありません.就職後は,毎日勤務し年収700万円程度は稼いで,休日に旅行したり,趣味にお金を使いながら,貯金したいと思います.

結婚するまでに一軒家を買えるぐらいまで貯金したいと思います.結婚は33歳ぐらいでして,子供は2人ぐらいの家庭を築きたいと思います.

生活は無理をすることも贅沢をすることもなく,毎年100万ほど貯金できるぐらいの生活をしたいと思います.この貯金は,自分や身内が倒たりするような緊急事態の時に使えるように貯金したいと思います.

子供二人が自立したら,自分は50歳ぐらいになっていて,老後に旅行しながら優雅に生活できるように貯金したいと思います.

また,老後に自分の元気が無くなったら,身内に迷惑を掛けないように老人ホームに入れるように貯金しておこうと思いました.


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座