マイホーム購入が目標!貯金を楽しむ30代女性をご紹介します!

年齢は34歳の女です。家族は40代の配偶者と未就園児の子供が一人の三人家族です。仕事はショップ店員をしています。以前はフルタイムでしたが出産をきっかけに午前中のみのパートタイム勤務を平日だけ行っています。

毎月の家計詳細と貯金額

私の毎月の給料は大体5万円くらいです。年収は65万円くらいです。旦那の扶養に入っているので社会保険料は払っていません。

貯金は出産前にフルタイム勤務をしていた頃から貯めていた400万円です。私の給料の使い道はまず1万円を貯金に回しています。そしてクレジットカードの支払い分を毎月1万5千円ずつ支払い口座に入れています。

1万円は車の維持費として封筒に毎月貯めています。そして残りの1万5千円が毎月の私の自由に使える金額です。

クレジットカードではガソリン代や携帯料金などを主に払っています。車の維持費として封筒に毎月貯めているお金は主に車検や自動車税、自動車保険の支払い時に使用しています。車の維持費は結構大きな金額が一度になくなってしまいます。

結果的には同じかもしれませんが、封筒から出すのと貯金をおろして払うのではなんとなく気持ち的に違いがあるので封筒に少しずつ貯めるようになりました。

その他の食費や光熱費、子供の養育費などは配偶者の給料から支払いしています。食費は月に2万円、光熱費は月に1万円、子供の養育費は保育料1万円と雑費などが2千円くらいです。他に毎月家族の趣味として旅行に行っているのでそのお金は貯金を切り崩したりして捻出しています。

夢のマイホーム購入に向けて貯金を楽しむ

貯金は一応は毎月1万円だけですがしています。この貯金額は将来のマイホームの購入資金として貯めている部分が大きいです。毎月一万円ですから本当に微々たるものですが、夢のマイホーム購入のためと思うと楽しみな貯金です。

年代により貯金額には差があると思います。実際に私は20代になったばかりの頃はほとんど貯金をしていませんでした。貯金ができるようになったのは20代の半ばくらいからです。

貯金ができない人は私のように給料がパート収入のような金額しかもらっていない人だと思います。給料5、6万円の中から貯金に回すのは結構大変なことだと思います。実際に私も毎月大変で欲しいものを我慢する日々です。

しかし目標のマイホーム購入がありますので、そのために我慢しているところです。本当は美味しいスイーツやかわいい洋服や本屋雑誌など欲しいものはたくさんあります。しかし日常生活においては贅沢は厳禁です。その代わりに息抜きとして毎月プチ旅行に出かけています。

貯金ができない人はおそらく貯金をして貯めたお金をどうするかという目標がないのだと思います。目標がなければ人間頑張れません。だから貯金ができない人はまずその貯金をどういう風に使うかという計画を練るところから始めるべきだと思います。

将来に向けての貯金目標とお金を使うタイミング

将来的にはやはり子供を立派な大人にしてあげることが最大の仕事だと考えています。子供が何にでもなれるように教育費を貯めておくことが親としての責任だと思います。私自身お金がなくて夢を諦めたことがありました。だから自分の子供には同じような思いをさせないようにしたいというのが一番の責務だと感じています。

そして子供を立派に育て上げてからは自分たちの老後の心配もしなければなりません。自分の親が子供に頼らないで生活をしてくれていてすごく助かっています。だから子供に迷惑をかけないように自分たちで自立して生きていきたいという思いが強いです。

年金生活ですが、私は扶養に入っているため年金額は少ないでしょう。少ない金額でやりくりできるようにならなければなりません。だから今から節約生活を勉強していると思って取り組んでいるところです。

老後は年金額からしても裕福な生活は送れないと思っています。だから今のうちにやりたいことをやっていきたいところに行ってやりたいことを残さないで老後を迎えられるように家族でたくさん旅行をしています。

その中でマイホームを新築で購入するのは厳しいと思うので中古物件を探していていい物件があったらリノベーションしたいと考えています。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座