趣味が投資という30代独身女性の貯蓄テクをご紹介します!

中高一貫校で非常勤講師をしているアラサーです。仕事としては、さらに副業で投資やオウンドメディア運営なんかもしています。独身で年齢は30代。家族は親だけなので子供もいないので、基本的に自分のためにお金は使える感じです。

毎月の収入と支出、そして貯蓄額

毎月のお給料はだいたい額面で17万円。非正規ですが、ボーナスも微々たる金額ですが多少出るので、年収としては250万円くらいです。

とはいえ、それだけでは自由に遊べるお金もないって感じなので、副業で平均5万円くらい稼いでいます。おかげで投資もできているので、貯金は200万円に金融資産として600万円くらいあります。今年のうちに1000万円くらいまではお金を増やしたいって思っていたりもするところです。

生活費としては、一番大きなところが家賃で5万円程度でしょうか。光熱費が1万円くらいとかで済んでいるので、ぶっちゃけ生活費は下手すると10万円程度に済んでいるかと思います。

他に趣味というものもなくて、今は投資が趣味って感じなので余計なお金はほとんど使いません。学生用マンションに住んでいるので結局モノをあまり持てない生活が続いています。それに食費とかも、実家からお米が届くので比較的2万円くらいで済んでいるかなって感じです。

外食とかもほとんどせず、好きなケーキくらいを時々買い込む程度。それでも1000円程度のことなので、お金自体は今のところ貧困女子ですが赤字になったことは一回もありません。保険とかも必要最低限なので、普段の貯金で対応できています。

貯蓄を増やすための工夫とは

仕事を始めたのが30代に入ってからでそれまでは大学院生だったので、貯金の額自体はめちゃくちゃ少ないと思っています。同世代くらいだったら1000万円くらい当たり前だろうと思うので、年代では30代ですから、それを目標に貯金をしている感じです。

工夫ということでもないですが、投資をしているので、貯金というより投資資金を貯めたいって感じですかね。お金がないってことは周囲に伝えているので、周りもお金のかかることは自分に何も言ってきませんし、人付き合いも必要最低限って感じです。

見た目を気にすることがあまりないので、メイクとか服装とかも必要最低限って感じです。とにかく見栄をはらなければさしてお金というのはかからないよなって思いますね。

あとは、要らないものっていうのは結構どんどん捨てていってます。結局モノをしまう場所に苦労するし、お金も時間もかかるので不要品が出たらさっさとリサイクルショップに持っていってます。

というわけで、あれこれ節約ってしなくてもお金が減っていくスピードは少ないです。とにかく人と比べずに自分の生活を再優先すること。で、自分がお金をかけたいところだけにお金をかけて他は捨てることで貯金は容易にできると思います。

今後の働き方とお金の使い方について

今後もこんな感じでお金については地味に貯めていければいいかなって思っています。将来の心配をするよりかは、今を楽しむことも大事だと思うので、今後は少し新しいことを学ぶためにお出かけ費用としてある程度のお金を計上したいかなって思ったりもしています。

老後のことも不安といえば不安ですけど、ひとまず年金はもらえるし親の遺産とかもある程度はくるかなって思うのであまり悩み過ぎないのが大事かなって思います。

あとは、老後と言いつつも一生働き続ける気でいるので、その辺でも心配していません。年齢を重ねた後でも一生仕事をする気でいますし、投資も続ける予定なのでその辺も細く永く生きるってイメージでいます。

若いときに頑張って稼ぐのが良いって言う人もいますが、電通みたいな事件もあったりして無理がきかない人だって沢山いるので、細く長く稼げる方法を考えたいです。

今は自分自身のオウンドメディアを作るためにお金をかけたり勉強をしたりしています。不労所得というか、なるべく大きな労働をかけずにお金が入ってくる仕組みを作っていきたいなって思っているところです。

細く長く稼げる方法を地味に構築していってるので、将来的なお金の不安っていうのは少しずつ解消していってる最中です。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座