20代女性が家計の現状や貯金を増やすための工夫をお話します!

私の年齢は26歳です。結婚を機に仕事を退職いたしました。今は一歳になったばかりの小さい子供が一人おります。現在は専業主婦をしております。夫と家族三人で、新築1LDKの小さなアパートに暮らしております。

毎月の生活費の内訳と貯金額

現在私は専業主婦をしておりますので、夫の稼ぎのみで家族三人生活をしております。夫の給料は手取りで月25万円ほどです。年収は大体350〜400万円程度です。

現在の貯金額は50万円ほどです。結婚当時お互いの貯金はゼロで、結婚してからコツコツと貯めて現在やっとこれくらいです。

毎月の生活費の内訳は、家賃7万円、光熱費約2万円、夫婦二人合わせての携帯料金2万円、車のローンと車の保険代約4万円、その他保険代1万5千円、夫のお小遣い1万5千円、毎月の食費代3万円、雑費1万5千円、これで毎月2万円〜2万5千円ほど残るので、そこから毎月1万5千円〜2万円は貯金するようにしています。

私たちはほとんどと言っていいほど外食をしないので、その分のお金の出費はありません。子供を連れてのお出かけも、多少遠くても歩いて行ったりしているので車もほとんど乗らないのでガソリン代もかかっていません。

私がまだ仕事を見つけておらず、専業主婦で稼ぎがないので贅沢な生活は出来ません。毎日が節約生活です。余るお金は本当に数千円、もしくは数百円程度なので、本当に十円単位でも大切にお金を使うように心がけています。でも無理のないように、子供に負担がかからないように生活をしています。

コツコツ貯金を実現する工夫とは

貯金の仕方はいたってシンプルで、毎月お給料をもらったら、貯金するお金を口座にすぐ入れてしまうことです。これは年代問わず誰でも簡単に出来ることだと思います。

私は独身時代に仕事をしていたときにもこの方法を実行していて、約2年のあいだに150万円ほど貯金をしたこともありました。独身時代にそのお金は使い果たしてしまったのですが…結婚をして、お互い貯金ゼロの状態だったので一から貯金を始めようとしたとき、子供もいて夫だけの収入で家族三人での生活をしていたので、余ったらそのお金を貯金に回せばいいやという風に考えていました。

この考えでいると、お金はほぼほぼ余らなくなります。先に貯金するお金を口座に入れないで、余ったら貯金すればいいやとお給料がそのままお財布に入っていると、確実に使ってしまいます。

お財布にお金があると思ってしまうので、無駄な買い物を絶対にしてしまいます。余ったら貯金に回せばいいや…という考えで生活していたら貯金は出来ないままだったと思います。

なので私は、独身時代にも行っていた"お給料をもらったらまずは第一に貯金"を心がけて実行するようにしています。口座がない人は口座を作ることからオススメいたします。

今後の見通しと貯金を増やすための計画

今後は私も働く予定なので、その分の稼ぎも増えるので、今よりもいくらか生活は楽になると思います。旦那は私よりも一回り以上も年が上なので、子供が大きくなったときも働けているかどうか…。子供の将来も心配な面もあるので、これからも節約しつつ毎月少しずつでもいいので貯金は必ずしていこうと思っています。

子供の将来や、旦那の老後の心配も少なからずあるので、健康で働けている今の内に毎日コツコツと、私も働き出すようになれば、そこからも貯金に回せるように節約しつつの生活を送っていくつもりです。

我が家はこの先も子供は一人っ子の予定なので、兄弟がいる家よりかは子供に関してのお金はかからないと思います。でもその分、習い事や子供がやりたいと思うことには節約している分、お金をかけてでも無理のない範囲内でやらせてあげたいとは思っています。

将来、大学に進学したいと言ってお金がないから無理よ、などと言って子供の可能性を潰したりはしたくないので、大学に通わせてあげられるくらいのお金は今の内から頑張って貯めていきたいと思っています。

子供がまだ小さい今の内は割とお金を貯めやすい環境だと思うので、今の内に出来る範囲でコツコツ夫にも協力してもらって生活をしていくつもりです。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座