30代ライター志望、独身男性の貯金事情をレポートします!

仕事は製造職の独身なので子供はいません。家族構成は5人家族の次男で年齢は80年代生まれになります。周りは結婚している人が徐々に増えてきて、あまり気にならなかったことが若干気になり始めて、私も皆の後に付いていった方がいいのかなと思い始めている次第です。

毎月の貯金額と現在の暮らしについて

毎月の給料は時給制なので多少の変動はありますが、およそ20万円になります。貰っている金額に特別不満はありませんが、自立することを考えるともう100円アップすればだいぶ快適に生活していけるはずです。

これ以上の収入を望むのであれば、やはり正社員への転職を考えないといけません。

私はここ5年ライターになるために他のお仕事で採用が決まっても辞退してきました。今思えば間違った選択だったのかもしれないと後悔する時もあります。それでもライターになろうという想いがあったからこそ、嫌なことだらけのこんな世の中でも前向きに生きてこれたのだと思っています。

貯金額に関しては一人暮らしをしているので、よくても毎月に5万円程度です。元々実家の居心地が悪くて家を出ましたが、何もかも上手くいかずにかなり苦労したのでこちらについても後悔していました。

認めたくはないですが、実家のありがたみも分かっていたつもりなので戻りたかったですが、許してもらえませんでした。それなのに長女はいつまでも実家に居続けて可愛がられています。

最初は差別をされているのだと思っていましたが、単に邪魔者扱いされているようでした。その癖都合のいい部分だけ利用してくるので、年収をアップさせて自立しようと決めました。

自身の現状についての考察

実家に帰れたら簡単に貯金出来るのでしょうが親が全く許す気配がないので、自力で解決していくしかありません。

先日、僕は実家を追い出されて長女は家に居続けていることにムカムカしていたので、まとめサイトで調べてみると意外なくらい実家住まいを肯定されている方が多くてびっくりしました。

自分の親も同じ考えだったら良かったのにとしばらく何も考えられないほどでした。したがってよっぽど親子関係に問題がなければ、世間体を気にせずに親と同居するのもありだと感じました。

ただ僕のような実家にいるのが嫌で出たパターンの方も多いと思います。自分自身はまだ解決出来ていないので恐縮ですが、自分の人生だけを考えて生きていくのがベストです。

私自身、親子関係が上手くいっていないので、生きていて嫌なことがあったら親のことを憎むタチがあるのですが、この感情に支配されて上手くいった試しがないので簡単な話ではないものの可能な限り、綺麗さっぱり忘れてください。

これまでを振り返ってみても、上手くいっていた時は親のことなんて微塵も考えてなかったです。そうして生きていくことで一人で生きていく力がつくと考えています。

正直色々恵まれない年代だとぼやきたくもなりますが、それすら発奮材料にして問題解決に向けて行動していっているつもりです。

人生の分岐点で今後の働き方を考える

最近は老後のこともそこまで遠い世界の話でもない気がしてなりません。ですので将来のことも真剣に向き合わないといけないと思っています。だから今の時給制のままでいるのも好ましくないです。

ここで考えるべきは、なりたいライターをすっぱり諦めて人並の生活を手に入れるか。リスク承知でライターにこだわり続けるかです。もちろん何の制限もなければ後者で一切の迷いもないのですが、年齢のこともあるのでここが分岐点かなと勝手に思っています。

今になって目先の生活が成り立たなくなれば夢すら見られなくなるというそんな恐怖を感じました。ただやりたいことを捨てて生きてきたのでそんな人生でいいのか不安にもなります。

それでももうそんなことを言ってられないことも重々承知しているので、自分が出来る新しい仕事を見つけていこうかなという気持ちになりました。

ただ密かにフリーランスという一見、浮世離れしている働き方にも憧れていてむしろ社会性に乏しい私にとってはこれ以上ない最高の働き方だと思っています。

初めてこの存在を知った時は自分には無理だと決めつけていましたが、現在は一つの可能性としてどうしようもなくなった時の対策として、コツコツとランサーズ様のお仕事も大切にしていきたいです。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座