30代専業主婦、現在妊娠中。上手な貯蓄方法をご紹介します!

既婚女性です。年齢は30歳で専業主婦です。現在は同年代の夫と二人家族で賃貸で暮らしています。

子供はいませんが、現在妊娠3カ月です。できれば子供は2人ほしいです。夫は公務員です。妊娠が発覚するまでは私もフルタイムのパートで仕事をしていました。

現在までの貯蓄歴と今後の課題

給料は、仕事をしていた時は月15万円前後(年収200万円弱)で、最低7万円は貯金していました。内訳は、5万円は現金、1万円は個人年金、残り1万円は確定拠出年金で積み立てていました。

毎月8万円前後は生活費ですが、毎月必ず引かれるのは生命保険料6千円、奨学金の返済2万円、通勤定期代1万円、携帯代8千円です。家賃や食費は夫の収入から出しているので、私が払う生活費はこのくらいです。

あとは、年に何回か美容室に行ったり、本や夫の誕生日プレゼントを買ったりするくらいで、余った分は貯金に回しています。

この生活を3年くらい続けて、私の金融資産はだいたい300万円くらいです。夫の資産は入れていません。資産の内訳は、現金:有価証券=1:2くらいです。現金がある程度貯まったら、株式や投資信託を購入しています。

専業主婦になった今は、その収入がなくなってしまいました。でも、自分の支払い(奨学金、携帯、生命保険)は自分で支払っていきたいと思っています。できれば在宅で月5万円くらいは稼ぎたいところですが、実際どうなるかは分かりません。

今後の課題は、貯めてきた資産をできるだけ減らさずに、私が再就職できるまで持ちこたえることです。

貯金額を捻出する工夫とは

過去に本当にお金に困った時期があり、その時期があったおかげで生活水準を下げて支出を減らすことができました。結婚して少し余裕ができたけれど、生活水準はほぼ変えずに余った額は貯金に回しています。

具体的には、服をほとんど買わなくなりました。妹からいらなくなった服を頻繁にもらっています。また、年代的に肌の老化が気になるころですが、基礎化粧品はプチプラとそれなりに良い商品を肌の状態によって使い分けています。

工夫としては、個人年金や確定拠出年金で自動的に積み立てることと、少し多いと感じる額を先取り貯蓄することです。あらかじめ無いものと考えれば、残りの金額で結構何とかなるものです。

私は現金の先取り貯蓄を月1万円にしていたのを5万円に上げました。上げた当初は大丈夫かな、と思っていたのですが、より貯金へ意識が向いたと思います。

あとは、夫婦でお金のかかる趣味を持っておらず、慎ましく生活しているのが大きな要因だと思います。と言ってもそこまで無理して家計を切り詰めているわけではなく、たまに国内旅行に行ったり、月に1回は回転寿司で好きなだけ食べたり、プチ贅沢はしています。

また、夫婦で投資が趣味なので、株式やFXにも手を出しています。もちろん損をすることも多いですが、30代はまだまだリスクを取れる世代だと思うので、今のうちに勉強して、10年後20年後にはもっと大きな額を運用できるようにしていきたいです。

将来の理想像に合わせた貯蓄プラン

近い将来の目標は、まずは私の資産をできるだけ減らさずに出産して再就職することです。本音を言うと外で働きたくないので、できればスキルを磨いて在宅でバリバリ仕事をできるようにしたいです。

このまま今の個人年金と確定拠出年金を積み立てていけば、65歳には私だけで1千万円は貯まっている予定です。それプラス現金や株式もあわせてもう少し貯めていたいです。理想は私だけで3千万円、夫婦で1億円です。私は厚生年金加入期間が短く、年金には期待できないので、老後資金はしっかり貯めたいと思っています。

目標にしてるのは「となりの億万長者」に登場するようなお金持ちです。平均的な収入でありながら、それよりもはるかに少ない支出で生活し、老後には莫大な財産を築いているような方々です。

私達1代では難しいかもしれませんが、長期的にはうちがそれなりの資産家(労働しなくても生活できる程度)になっていたらいいなと思っています。おそらく、友人や親戚よりも安い家に住み、車は買わない予定なので、若いうちは肩身が狭いかもしれません。

でも、今我慢しておくと、老後と私たちの子供世代がより生活しやすくなるというのを原動力にして、人は人、自分は自分で通していきたいと思います。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座