40代夫婦、年収を考えると少ない貯蓄額!生活の見直しが必要!

年齢は47歳です。家族は夫と子供です。子供は1人おります。仕事はパートでパソコン入力の仕事をしています。

私は結婚して20年が経過している主婦兼、少しだけ仕事をする既婚女性です。子供は大学生が1人いるので、今一番学費等にお金がかかっております。

毎月の収入と貯蓄額

私のパートでのお給料は月に約8万円~10万程度なので、年収にすると100万程度となります。夫の年収は細かい部分までは聞いていませんが、年収にすると1万円以上はあるので、生活費の殆どは夫のお給料より出しています。

現在の貯蓄額は毎月自動(貯蓄型の個人年金や保険等)で引き落としがあるので、合計金額は500万円程度は貯まっていると思います。

毎月の貯金の内訳は、個人年金と保険代が6万円。あとは旅行貯金で毎月8万円をしています。しかし8万円は溜まり次第、旅費に当てるので、本当の貯金とは言えないと思います。

私の年収的にはもう少し稼げる様になる自分の生活は楽だと思います。現在の私の給料分は自分自身の美容院代金、衣服を買うお金、友人との交際費、残れば子供に小遣をあげているので、私の給料から貯金が出来る事はありません。

そういった意味でも、もう少し私自身の仕事が増えて、安定した金額を稼げればかなり貯金の面も変ってくると思います。

我が家の生活費の中で最もかかるのは酒代なのですが、家族3人でお酒を飲むので毎月凄い出費です。アルコールを少し控えることが出来たら、その分を貯蓄にまわすことが出来ると考えていますが、今のところがそれが出来ておりません。

年収の割に貯蓄額が少ない原因とは

年収を考えると親や兄弟からは我が家の貯蓄額が少ないと毎回の様に言われていますが、同じ年代の友人の貯金額などの話になると、具体的な金額までは言わないまでも、我が家の貯金額よりは沢山貯めている様なので、その事を考えるとこのままではいけないと思います。

私からみて貯金が出来ている人は、流行に流されることなく、ある程度良い物を長く使っているというイメージがあります。また無駄な事にはお金は使わないと言う考えの方が多い様に感じます。

例えば、面倒でも50円でも割り引いてもらえるチケットをしっかり提示したり、普段から宅配の食材と激安スーパーと両方を上手に使って、底値で食品を購入したり、面倒なことを惜しまないと感じます。

また人付き合いも線引きを引いて、本当に一生付き合うべき人間だけお付き合いをする事で、交際費も抑えていると見ていて感じます。

また逆に貯金が出来ない人は、計画性がないと思います。何に対しても行き当たりばったりで、手元にあるお金をバラバラと使う人だと思います。まさに少し前の私がそのような考えだったため、40代後半にして、現在の様な少ない貯金額なんだと痛感しております。

人付き合いに関しても、あちこちと浅く広く付き合うので、毎月の交際費が多くなると感じています。

今後の生活改善点と貯蓄目標

今後はまず、我が家では子供が一本立ちをする年齢になってくるので、教育費や小遣など、これまで全てを私たちが負担してきたものが無くなる事で、その分を全て貯金に回すことが出来ると考えています。またそうしなければいけないと思うのです。

将来や老後はまだまだ先という認識でいると、あっいいう間にその時が来ると思うのです。 来年以降は子供の学費の支払いが無くなると言うことだけで、年間に100万以上のお金を使わなくて済むので、まずはその100万を貯蓄にまわしていく予定です。

次に私の仕事がもう少し順調になり軌道に乗れば、毎月私の給料から3万円でも貯蓄にまわせらたと考えています。

また最大の課題である、毎月のアルコール代もカットしてその分を貯金に回せれば、かなり年間で貯まると思うので、現在アルコール代だけで、月に5~6万を使っているので、当面はその3分の1に抑えることから初めて、最終的には健康維持の為にもアルコール代が現在の半額にまで持って行ける様にしたら、貯金に回せると思います。

年間に150万円をまずは10年間貯めることを目標にせず、実現させたいと思います。そして今後はとにかくお金、貯金に執着と拘りを持ってしっかり情報も入手しながら、お金には敏感でいたいと思います。

なるべく無駄を抑えて、とにかく貯金に回すように自分自身に暗示をかけたいと思います。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座