貯金額700万!30代夫婦の貯金テクをご紹介します!

私の年齢は31歳、新潟県在住の男性です。仕事は卸売業の会社に勤めておりますが、大手の企業でなく地方の一般的な中小企業に勤務しています。既婚で、家族は私と妻の2人。結婚2年目で、来年には子供が欲しいと思っており今年の一日一日を精一杯楽しみたいと思っています。

夫婦の収入と支出内訳、 そして貯金額

私の毎月の給料は手取りで19万円程です。妻が毎月14万円程の手取り収入があります。世帯年収で550万円程でしょうか。私の年齢だけで考えると一般的には少ない収入だとは思いますが、私の住んでいる地域では多い方です。

貯金額はコツコツ貯めて、自分の貯金だけでは200万円程、妻の貯金が300万円程、2人の貯金が200万円程あります。貯金額は同年代に比べれば少し多いと思います。

子供がいない事もあって生活には多少余裕があるので、いわゆる『先取り貯金』で毎月10万円は最低でも貯金しています。残業が多くて手取り収入が多かった月は、『10万円+余ったお金』を貯金するようにしています。

そのお陰で、結婚1年前に作った2人の貯金口座には毎月一定のお金が貯まり、通帳記帳が毎月楽しみでなりません。何といっても1年で120万円以上貯まりますからね。この金額が多いのか少ないのかは個人の考え方で違うと思いますが、私達にとっては十分ですし、少しは心に余裕が持てます。

ちなみに、我が家の生活費は住宅ローンが5万8千円程、食費2万5千円、光熱費1万8千円、通信費2人で1万3千円、保険2人で1万2千円、NHK1.25千円、小遣いは私が2万5千円、妻が3万円程です。

実際の生活費は私が負担しており、妻の負担はないため妻の収入からお金を8万円預かり、私の余ったお金を2万円足して、2人で毎月銀行へ行き貯金をしています。

貯金達成のためには具体的な目標を定めること

私の周りでは30歳にもなって貯金ができない、貯金しても続かないと喚く人が多くいますが、私にはとてもじゃないですが理解できません。私なら、不安で仕方ない毎日を過ごしていると思います。

その様な友人に、いつも説教の様に言っている言葉があります。『お金は100%一気には貯められないから、毎月コツコツ貯めていかないと、困った時には遅いよ』といつも言っています。

自分の収入を考えて下さい。例えば、毎月手取りで50万円収入があるなら毎月20万円ずつ貯めれば1年で240万円貯まりますが、そんな人ほぼいません。

ほとんどの人が月並みで生活していて、少しの余裕があるかな?位の人たちです。だからこそ、毎月のコストを抑えて、少し我慢してコツコツ貯めるんです。そうしないと貯まらないんです。

私の年代(30代)で、一般的に貯金がどれ位あるかはわかりませんが、雑誌などで老後を安心して迎えるためにはどの程度の貯金が必要か、そんなタイトルの記事をよく見かけます。記事によって違いますが、2000万円や3000万円なんて金額が書いてあります。

例えば、実際には1500万円あればなんとか暮らしていけるとしましょう。では、『1500万円を貯める為に毎月いくら貯金すれば良いのか』。そういった具体的な考え方を持って将来への貯金をすると、必ず目標額を達成できると思います。

今後の具体的な見通しと働き方を考える

我が家は多少の貯金はありますが、決して多くはありません。来年子供が欲しいと話していますが、子供ができると妻が働けなくなります。産休は取れたとしても、世帯としての収入は減る見込みです。

そういった今後の見通しがありますので、私は今副業を始めようとしています。具体的な内容は、実家が米農家ですので私が手伝い農業での収入を増やして、一部のお金を貰うこと。もう一つは、インターネットを通じた副業を模索しています。ブログライターの仕事や、最近話題のクラウドワーキング。その他、努力して上手くいけば不労所得を得られるアフィリエイト。

色んな方がブログ等で副業の収入等を公開しており、疑わしい程収入を得ている方も中にはいらっしゃいます。ただ、疑っていても仕方のない事なので、挑戦し収入を増やしたいと思っています。

具体的には、私の会社員としての収入19万円程+副業で11万円程、合わせて30万円を目指そうと思っています。現実的なのか、それすらわかりませんが、目標を持たないで何かをすると必ず気持ちがブレると思うので、確実に目標を作ってから行動します。

私は、『お金が全て』とは思いませんが『お金はとても大事』だと思います。誰がなんといおうと、世の中はお金で回っていますので、その根本は変えられません。ですから、ある程度の余裕を持つために老後のため・自分の将来のための貯金を、なんとしても貯めたいと思っています。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座