今は貯金意識なし!20代で個人事業主、独身男性のマネープラン

初めまして。仕事はWEBライターやキャリアコンサルタントをしている年齢28歳の男です。前職は建築の現場監督をしていました。以前は転勤族で、長時間労働でしたが、今ではマイペースにお仕事をしています。

現在独身で子供はいません。家族は母、姉、兄がおり、別々に暮らしています。

収入と支出の詳細

月収(給料)は15万円〜20万円、年収は250万円程度です。単発でお仕事を頂くときは+αで収入が入ります。

内訳は

家賃:5万円
食費:2〜3万円
光熱費:7千円
各種支払い:3万円
雑費:1万円〜
貯金:1万円〜3万円/月

会社員時代に比べて収入は下がりましたが、それなりに生活はできています。でもやっぱり貯金は難しいですね。「今月は余裕がある」と思ってしまうと、余計な出費が増えてしまうのが現実です。

なので独立してからは自分が何にお金を使っているのか、コマメにチェックしています。特に出費がかさむのは「食費」と「交際費」です。家事がめんどくさくなってしまい、総菜やコンビニで食事を揃えると、簡単に一日1000円を越えてしまいます^^;

交際費に関しても、気づかないところで無意識に飲み物や食べ物にお金を使っていて、500円単位でも積み重なると月に1万円〜2万円は簡単に出て行ってしまいます。

家賃に関しては申し少し安い場所も探せばあるとは思いますが、間取りや空間は結構重要視していて、精神衛生面も考えて今の家賃で満足する家に住んでいます!

特に貯金意識がないので不便だと思ったことはありません。将来的なことを考えると、やはりもう少し年収は上げたいと考えています。

見直すべきなのは食費と交際費

貯金はほとんどしていません!「もしもの時」の為に30万円程度は貯金しているのですが… 年代がそうさせるのか、物欲も特にありません。しかし個人事業主として、様々なスキルへの投資をしているため、意図的に貯金してない面があります。

ですが、食費、交際費に関しては自分の甘さが出てしまっているので、まず見直すべきなのはそこですね^^;

人の習慣とは怖いもので、意識せずに、ちょっと気が緩むと「ま、いっか」と思って数百円単位でポンポンとお金を使ってしまっています。それが一ヶ月積み重なると、意外と大きな出費になっていたりします。

会社員時代はお金を使う暇がなかったんですが、ストレス発散に一気にお金を使ったりしていました。心理学では「メンタルアカウンティング(心の中の家計簿)」という心の中に無意識レベルでそれぞれの「自分にとっての当たり前の貯金額」を持っているらしいのです。

例えば貯金額が50万円が当たり前の人にとって貯金額100万円は無意識に「多い」と感じ、「ちょっと贅沢していいか」と財布の紐が緩んだり、貯金額100万円が当たり前の人が50万円になると無意識に「ヤバい!」と感じて節約生活を始める。これ、スゴく分かります。笑

対処法は「意識する」以外に無いようなので、貯金を「固定費」にすると良いかもしれません。

35歳くらいまでは貯金を考えず知識や経験へ投資したい

私自身、35歳くらいまでは「貯金」については考えずに将来、自分で仕事を作れるように知識や経験にお金をどんどん投資していこうと考えています。

個人事業主として、経済的に自立している人を見ると、やはり、お金の使い道が「知識、経験への投資」です。私が教えられた言葉でスゴく印象に残っている言葉が、『生まれた家庭や環境は不平等かもしれないけど、知識や経験は皆同じスタートライン。』という言葉です!

会社員でも、事業主でも、人間的に魅力があり、収入を延ばしている人は、経験値や知識が多い人だと感じます。上を見るとキリがないですが、自己投資意識を持ちつつ、現実(母親の介護や結婚など)も直視しつつお金について計画的に使用していこうと考えています。

そして、もう1つ感じるのが、「お金の価値」について。時代が進むにつれて、色んなモノが無料で提供されているので、実はお金ってそんなに必要じゃないんじゃないかなと思い始めています。

無くなることはないと思いますが、老後(約40年後)は世の中が想像できないくらい変化していると思うので、現在はお金に執着せずに、安定的して経済的に自立していける生活を目指しています。

ちょっと意識高い系だと思われるかもしれませんが、時代の変化をヒシヒシを感じている今日この頃です。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座