夫婦の貯金額3200万!気になる貯金テクをご紹介します!

私は現在都内に在住の既婚女性です。年齢は53才で、家族構成は主人と子供の3人です。専業主婦ですが、副業としてブログライターと、訪問ヘルパーをしています。ブログライターはフリーで依頼された仕事をこなしています。

毎月の収入と支出詳細、そして貯金額は

私の毎月の給料は、ブログライターとしての給料が4万円、ヘルパーとしての給料が4万円です。収入は月に8万円前後ですが、これは現在主人の扶養家族にいる為に、年収を増やさない様にしている為です。いずれ扶養控除制度がなくなれば、もう少し仕事量を増やしても良いと思っています。

生活費に関しては、主人が月に27万円程稼いでいますので、そちらの方で賄っています。夫婦で月に稼げるお金は約35万円、世帯の年収にして420万円超となります。

貯金額は、私個人の名義では1600万円あります。主人の名義でも1600万円、夫婦合わせての貯金額は3200万円です。

生活費の内訳は以下の通りです。

家賃: 9万5千円
光熱費: 1万5千円
食費: 7万円(酒代も含む)
通信費: 1万円(スマホを含む)
生命保険料: 1万円
子供の習い事: 1万5千円
子供の洋服代等: 1万円
夫の小遣い・交通費: 3万円
その他雑費: 1万円

以上、ざっと計算して生活費は26万5千円になります。

現在一番変動があるのが、子供に関わるお金です。11歳で育ちざかりですので、洋服や靴を常に買い替えなければならない状態です。普段は普通預金にそのまま入れておき、残った金額が積み上がれば貯金に回す様にしています。平均で月8万円は貯金できていると思います。

貯金がスムーズにできている理由とは

我が家で貯金がスムーズにできている理由は、ひたすら節約しているからです。夫婦共年代が50代で昭和世代で、あまり贅沢をしないでも済む体質です。

まず我が家では車を持っていません。独身時代に私が持っていたのですが、特に必要がなかったので手放してしまいました。都下ですが交通のアクセスは悪くないところに住んでいますので、今のところどうしても車が必要になったらレンタカーで済ませています。

また、私はブランド品にあまり興味がなく、靴もバッグも殆ど買いません。貯金ができない家庭というのはおそらく、女性のお小遣いが多いと思っています。ママ友とのランチ等のお付き合いも一切していないので、交際費はほぼゼロです。

更に、息子が部活をしているので、土日、祝祭日は1日中部活に行きます。お蔭で休日に家族揃って出かける機会は殆どなく、レジャー代もゼロに近い状態です。

加えて私が節約をするタイプで、衣料品や雑貨などは安いオークションや通販を利用しています。ショッピングモール等で選んでで買う、ということは滅多にないので、その分雑費もかかりません。基本的に出かけなければ交通費もかからないので、自然に節約に繋がり、貯金が増えていると思います。

十分な貯金額確保と年金受給で将来は不自由なし

今後は息子が中学になるので、更に教育費がかかってくることが予想されます。部活も続けさせたいので、全てお金は全て子ども中心に回していきたいと思っています。

現在UR物件ですが、特に引っ越す予定も家を買う予定もなく、このまましばらくは賃貸を続けていきます。

息子の性質上、大学へ行って欲しいとは考えていません。もしも行きたいというのならばお金を出してあげても良いのですが、スポーツに集中させていますので、高校卒業後の進路はその時になって考えたいと思います。いずれにしても将来的に息子が独立したら、夫婦でもう少し手狭な賃貸で良いので、都心に戻りたいと思っています。

主人は現在54才であと10年は働けるし、私の仕事はあまり年齢に関係ないので、ライターもヘルパーも出来る限り続けていきます。

老後は年金生活になりますが、私も主人もきちんと年金を払っていますので、夫婦で20万円位は貰える予定です。その金額が本当ならば、二人で暮らしていくのに不自由はないだろう、と思っています。

息子が自立すれば自分達の分だけあれば十分ですので、貯金を切り崩して少しずつ暮らしていきます。財産はないけれども借金や浪費癖もないので楽観しています。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座