子育てが終わり、貯蓄を始める50代女性をレポートします!

年齢50歳、女性、家族は夫と23歳の社会人の息子です。子供は一人です。

結婚して24年の主婦です。夫とは26歳の時に結婚しました。翌年に長男が生まれました。27歳で母親になりその後は主婦業をして、仕事は在宅ワークを息子が小学生のころから始めて、いまではアルバイト、在宅ワークと仕事を3つしています。

毎月の収入と生活費の内訳

貯金は20万円です。毎月は5万円ずづしています。私のお給料はコールセンターのバイトが6万円、WEBデザインの仕事が3万円、在宅ワークが1万円程度です。夫のお給料が毎月25万円。二人合わせて35万円というのが最近の収入です。

夫の年収は350万円、私の年収は100万円、息子が入れる食費も合わせると500万円くらいになります。なのに貯金がほとんどないのは異常に感じると思います。

理由は昨年まで息子が大学生だったので貯金する余裕は全くなく、毎年学費で100万円以上の支払いがあったからです。教育ローンを何度も借りていました。

そんな理由から住宅ローンもないのに、毎月、そんなに貯金ができませんでしたが、ここにきてようやく月に5万円くらいなら貯金できそうだと思ったところです。我が家の貯金は始まったばかりです。

食費は毎月5万円、日用品1万円、様々なローンが合わせると7万円はあると思います。各種保険料金が15000円、夫の小遣いが4万5千円。お弁当は持たせていてこの金額です。

最近は夫が新車を買ってローンが2万円増えたのに、そろそろ終わる予定だった車検のローンとバイクのローンが終わらず、少々苦しい家計になっています。

息子の食費の1万5千円は、とりあえず貯金するか、息子自身の奨学金の引き落とし口座に入れています。奨学金は親が払うと約束しています。なので食費としてお金はもらっています。

夫婦のお金を1つとして考えられるようになり、円満に

貯金ができていない理由は、何度も貯金をしても大きな支払いがあると、そこから崩して支払うことを繰り返しているからです。計算がまったく出来てないからで、毎月の支払いも、だいたいの予想でお金を動かしています。

やり方は、まず夫のお給料が入ると妻の私の口座に少しお金を動かします。7万円程度です。食料品の引き落としがあるのですが、夫のお給料が少ない月はお金の移動はなく私のバイト代から食料品は支払っています。このパターンのお金の動きの月は、ほぼ決まって貯金はできません。

年代別で言うと、20代、30代の頃は、結婚してまもないと、夫と妻とお金は別々みたいな気持ちが働くことがあると思います。「自分のお金は自分の」という風に。ですが、その気持ちを捨てて、夫婦のお金を1つとして考えられるようになって、ようやく「家計」として成立していくように私は思っています。

貯金ができていないので、えらそうなことは言えませんが、夫婦間で、家計でもめ事は最近はありません。お互いを信用して、夫はすべてのお給料の管理を私に任せてくれています。

なかなか貯金ができないと、あせる気持ちもあると思いますが、借金が増えず、いま現在、毎月の支払いが安定して支払われているなら良しということで、目標のハードルを下げればいいのです。貯金がない人は仕事も頑張るしかないので仕事の能力を上げてしっかり稼げば大丈夫です。

今後の見通しとマネープラン

将来は、我が家は家を買う予定はありません。一生、市営住宅に住むと夫は言っています。家賃は1万円と少しです。

教育ローン、車のローンは、これから15年くらいで終わります。その後は新たなローンを組むこともないと思うので、我が家計は徐々に安定してくると思います。

貯金も借金が1つ終わるごとに貯蓄額をアップさせていきたいです。夫も私も70歳までは働く予定です。つまり、あと20年です。

私たちは結婚が早かったので、子育てに必要なお金が用意できてなくて、いつも家計はアップアップでしたが、子育てが終わってから老後までの猶予期間が、結婚が遅い人たちよりとても長いです。20年もあり、しかも子供にお金がかからないのに共働きをするので、かなりの貯蓄ができるのではと期待しています。

私たちは早くから生活のために自由にお金を使えない暮らしを送ってきて、旅行などもほとんど行っていません。これから、そういう楽しいこともしたいのですが、突然浪費に走るのも怖いです。徐々にお金を使うようにして、暴走しないように気を付けたいです。

年金定期便で確認すると、夫と私の年金を合わせると、なんとか暮らしていける金額です。どうでしょう。20万円くらいはもらえると予想していますが。

それで、このまま市営住宅だったら家賃が1万円で維持費もほとんどかかりません。夫が車で贅沢しなければ充分にやっていけます。だから貯金もあせってないです。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座