40代夫婦の貯金額と将来に備えたライフプランをご紹介します!

広告代理店で営業の仕事をしているサラリーマンです。年齢は今年で42歳になります。家族は妻と犬が二匹です。子供は今のところいませんが、この年齢でも今後、授かることができれば流れに任せたいと考えています。

毎月の収入と支出内訳、夫婦二人の貯金額

毎月の給料は額面で30万強、手取りで25万円強というところです。ボーナスは年2回25万円から35万円程度、その他に北海道に住んでいるため年1回灯油代というものが約10万円支給されます。

会社からもらう給料ベースでは年収でいうと450万円程度になるでしょうか。その他に自分はちょっとした副業で年間15万円程度の収入があります。妻は専業主婦ですから、世帯年収は465万円位です。

世帯年収が500万円位あると、北海道ということもあり、少し楽な生活ができるのかなと考えています。貯金は自分が150万円、妻が幾ら貯金してくれているかはわかりません。

ただ、自分が妻に毎月渡している金額、妻から報告を受ける食費のことなどを考えると、毎月最低5万円、ボーナス時には各10万円を貯金していると考えられるため、最低でも年間で80万円は貯金していると思われます。

結婚して約3年が経ちますので240万円の貯金というところです。2人合わせて390万円の貯金が我が家にはあるということになります。

生活費については、水道光熱費で25,000円、通信費で20,000円、食費で4万円です。その他マンションの管理代、税金の積立など住宅関連で25,000円、車の維持費で20,000円というところです。ローンの支払いはありません。

貯金を行うための2つの工夫とは

あまり多くはない年収ですが、幸福にも我が家は貯金ができています。一番大きな理由は住宅ローンがないということでしょう。親が生前贈与としてマンションを購入してくれたからです。

住宅関連の支出が月25,000円で済んでいるのは北海道でもかなり恵まれています。通常は二人以上の世帯で自分の年代あれば月に賃貸の場合は65,000円は住宅関連の支出があるでしょう。家を購入していれば80,000円程度のまで膨れているはずです。

貯金をするために行っている工夫は2つあります。一つ目は貯金の役割を妻に任せていることです。お小遣い制には抵抗がありましたので、基本的には生活費を妻に渡すというスタイルをとるようにしています。

それでも、自分がお金を管理すると殆ど貯まらないということが目に見えていましたので、できるだけ多くの生活費を渡すようにしてします。

妻には家計を管理するのが役目だと伝えて、モチベーションを高く貯金に邁進するよう促しています。自分の小遣いはせいぜい3万円程度です。

そこで出るのが二つ目の工夫です。副業をしています。3万円では少し小遣いが不足してしまいますので、そこを副業で補うようにしているのです。毎月1万円程度、主にクラウドソーシングサービスで稼ぐようにしています。

将来の不安に備えたライフプランニング

将来には非常に不安があります。今のペースで妻が貯金をしてくれたとしても、定年を迎えるまでに貯まるお金はたかがしれています。せいぜい1千万円程度でしょう。妻が頑張ってくれたとしても1,500万円といったところでしょうか。

現状と同レベルで年金が支給されたとすれば、老後もあまり心配ないかもしれませんが、年金制度が現状のままということはあまり考えられません。年金をあてにすることはできないでしょう。すると1,000万円では当然老後を乗り切ることはできません。

ではどうすると良いのでしょうか。

まず1つ目に考えていることは、老後に向けた資金作りに本格的に取り組むということです。今まで通りの貯金に加えて、少しリスクをとって金融商品での積立などを行いたいと考えています。

最近サラリーマンが加入できるようになった確定拠出年金を利用したり、投資信託の積立を行おうと考えています。

もう一つ考えていることは、生涯現役への道です。将来、十分なお金を貯めてから老後を迎えることができない可能性があります。その際、現役で働くことができていれば、何の心配いりません。

しかしながらサラリーマンには定年があります。そこで定年のない自分の仕事を見つけたいと考えています。生涯現役でいることができれば、将来の心配など何もありません。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座