40代男性、保有資産3000万! 驚きの貯蓄テクを教わりました

仕事は外資系自動車部品メーカーに勤めるエンジニアをしています。勤め人の立場ですが経済的自由を追求しています。

年齢が41歳になった今年、長く続いた独身生活に別れを告げ、現在の家族構成は妻との二人暮らしです。子供はおらず両親とも離れて暮らしています。

独身時代の上手な貯蓄で保有資産3000万!

昨年の年収は700万円です。手取り収入は500万円ほどですので毎月振り込まれる給料は42万円となります。

去年生活する上で使ったお金は400万円程度で、残りの金額は株などの資産運用に回しています。

生活費の内訳は固定費として家賃6.5万円、車の保険1万円、奨学金の返済1.5万円など合わせて9万円です。

地方在住ですので家賃が低いことには感謝しています。独身でしたので特に生命保険などには加入していませんでした。光熱費は1.5万円、社食や夕飯として食べる普段の食費は4万円、日用品や車の維持費に5万円、彼女との交遊費に9万円を使っていました。

その他にも突発的な出費があるので生活費はもう少し上昇します。たまに旅行に出かけていますし、気まぐれで洋服を買ったりします。一ヶ月の生活費はコンスタントにはならず、常に変動していました。

このような気楽な生活を続けていたとしても独身貴族は資産形成面では非常に強く、現在の保有資産は3000万円を超えています。

ただし貯金として銀行の普通預金に入れているお金は30万円程度で、残りの金額は必ず何らかの形で投資をしています。そうでなければ保有資産がこれほどの額に到達することはありえなかったでしょう。

貯金ができる理由とお金を増やす方法

幸運なことに、もともとそれほどお金を使わない性格であることが私が貯金ができる理由の一つだと思います。

しかしそれより幸運なことは、ある一冊の本に出会えてお金に対する考え方を根本的に変えたことです。「持ち家を買わなくても損とは限らない」「経済的自由」という魅力的な言葉に私は取り憑かれました。

それから私は今でもお金の勉強を続けて現在にいたります。たまに若い同僚からお金の作り方を質問されることがあります。そこでは私は次のように応えることにしています。まず、家計簿を作って自分の支出の状況を把握すること。

家計簿は資産形成の土台とも言える重要なツールで、若い人だけではなくどのような年代の方でも同じです。これがなければ自分がどこに沢山の支出が行われているかわからず、お金を効果的に節約できることは決してありません。

さらに家計簿は、今の自分にどんな贅沢が許されるのか知ることのできる指標として価値があるものです。今から、買い物をしたら必ずレシートをもらうべきです。それが家計簿をつけ始める重要な第一歩なのです。

次に生活費の一年分を貯金に確保した後、リスクを取った投資をスタートします。株式を選択することは簡単で、市場平均に連動するインデックスファンドを買っておけば間違いありません。

投資は早く始めるほど複利の効果が得られるので少額からでも始めるべきです。投資信託なら1万円からスタート可能です。

今後の自身の目標と不安要素

将来的には経済的自由を手に入れることを最大の目標にしています。自分がお金を稼がなくても資産が自分の生活費を自分のポケットに入れてくれることが最高の状態です。

私はこれを40歳になった時に達成するつもりでしたがリーマンショックに見事に捕まってしまい夢は敗れました。

現在は自分の市場価値を保つよう2つのことを実践しています。

ひとつはいつでも転職できる能力をつけるよう、沢山のヘッドハンター方たちとコンタクトを持つこと。

もうひとつは、サラリーマン人生はどうしても定年が来てしまいますので、その時にずっと現役で続けていられる新しい仕事が持てるか模索をすることです。特に働き続ける生活を見つけることができれば、お金の見通しは大変明るいということができるでしょう。

我々は、払われるかどうか分からない年金制度に全幅の信頼を置くことはもはやできません。老後になったとしても自分の力で立たなければいけないのです。

ただ、仕事に関しては、実はうまく行くだろうと楽天的に構えています。私の一抹の不安は結婚生活です。私の妻はお金について真剣に考えたことはなく、当然のごとく結婚時の貯金はゼロです。

今の私は、再び基本の家計簿に戻っています。なぜ家計簿が重要なのか、その重要性を繰り返し説いています。彼女がしっかりとした金融知識を手に入れてくれるよう祈るばかりです。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座