30代自営業男性の気になる貯金事情と今後のマネープラン

大学卒業後建築会社に就職しましたが現在は、中古レコードと中古CDの販売店を経営しています。39歳で不惑と言われる40歳目前です。

独身ですが彼女がいます。母親と同居しています。子供はいませんがいてもいいかなと思います。

毎月の給料と生活費の内訳、貯蓄額

自営業のため、毎月の給料は不安定です。幅は20万円から80万円で売り上げがそのまま収入ということになります。月収にばらつきはありますが、年収は大体毎年同じで、おおよそ500万円前後です。頑張った分だけ給料になります。ここ最近は大体毎月40万円程度となっています。

貯金は250万円程度ありますが、現金の積み立てが50万円程度、貯蓄保険による積み立てが200万円程度になっています。

現金の積み立ては定額貯金で2万円から5万円を入れています。生活費は大体固定になるのですが、月収に変動があるため収入の少ない月はここから使いこんでしまうためあまり増えていません。また店を出す時に初期費用の分で足りない分を生命保険で賄いました。

生活費の内訳は

家賃70000円
食費80000円程度で変動があります。
交際費50000円程度で変動があります。
電気・ガス・水道代で10000円
衣服被10000円
ジム10000円
奨学金10000円
交通費20000円
保険による積み立て30000円
その他10000円
他カード代が100000円から150000円かかっています。
カード代には電話代25000円が含まれ母親の電話代やWifi等も含まれています。

大体40万から50万円程度かかっています。これには経費や商品の仕入れも含まれておりますが完全に区別をするのが難しいため諦めています。

自営業のため、コンスタントに貯金することが困難

30代前半は仕事を二つ三つとやっていたので毎月10万円から30万円、多い時には50万円ほど貯金することができました。

ここまで貯金できた理由の一つは複業のおかげです。趣味で始めた複業が今では本業になり、まだ始めたばかりですのでお金があまり増えていきませんが、毎月2万円以上は貯金するという強い気持ちと、定額貯金というゆうちょ銀行にあるシステムによって毎月月末に無理矢理お金を入れています。

これによって50万円程度ですが毎月変動する収入の中でもどうにか貯金をすることができるようになりました。大きく儲かった時には現在50万円程度貯金できるはずなのですが、それができていないのが現在の課題です。

これは自営業の悪い点で、収入が増大すると気が大きくなってしまうのか支出も増大します。そして次月の経費も大きくなるのを忘れてしまい結局、お金を落とすことになります。これがもっと貯金できてもいいはずなのに貯金できていないわなになっています。

40代目前の今ならどうにかまたもう一つ仕事を増やす等して目下の問題をクリアできると思いますが、今は生活のパターンを大きく変えることで、無駄な出費を減らし仕事に専念することで乗り切れたらと考えています。

2010年代と比較すると2017年現在は出費がかなり減っているのでこのまま継続していきたいと考えています。

老後の不安はあまり感じていない

将来的に現在の仕事がどこまで存在するのかという不安はあります。しかしながら、それはどの仕事も同じだなと思うようにして今はITスキルも磨きながら社会情勢等も考えて行動することにして将来の不安を消しています。

自営業の不安は資金繰りなのですが、そこをクリアするには薄い貯金を厚くするのが一番確実で、究極、赤字でも会社は存続していきます。そこを乗り越えられるくらいの貯金をするのが現在の目標です。

老後に関しては、生きている間の不安はあまりありません。死ぬまで現役を貫く予定です。そのために生活費を下げ経費削減を徹底し労働所得無しでも数年暮せるだけの貯蓄があればいいと思っています。

具体的には600万円から900万円程度あれば2年から3年は無所得でも生きられます。自営業の最大の売りは少ないながらも継続した収入を得られることがあります。

例えば毎月5万円の赤字だとすれば600万円あれば120ヶ月約10年は持ちます。900万円あれば180ヶ月で15年は持つ計算になります。

ずっと赤字が続くというのであれば社会的な問題が生じていると考えてもよいと思うので現実的には可能性が低いと思います。なぜなら10年赤字である場合は他の会社はとっくに無くなっている可能性が高いからです。

以上の理由により老後不安はあまり考えていません。マンションと実家があるうえ、時計等の資産も多少あるというのもあるかもしれません。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座