40代看護師の女性が語る貯蓄事情と今後のライフプランとは

私は年齢40歳女性で、仕事は看護師をしています。結婚をしていて家族は主人公務員、子供は3人います。主人と共働きなので、かなり家事などを手伝ってもらっています。また、近所に私の両親が住んでいます。そのため、子供を預けることもできます。

収入と支出、そして貯蓄額は

私は、看護師として総合病院で働いています。そのお給料としては、月に40万円です。それは夜勤手当、残業代も含みます。特に残業は、毎日のようにしているので、その分がかなりお給料として反映されていると感じます。

年収としては、約600万円です。主人も同じくらいあるので、主人の分を生活費として使って、あとの残った分を貯金をするようにしています。そのため、貯金額としては、今のところ500万円あります。

新築を購入したばかりなので、その分として現金で支払いを済ませているので、貯金額としては少なくなりました。

生活費は、一番多いのが食費です。食事はとても楽しみにしているので、月に20万円ほど使います。あとは、光熱費や携帯電話代、生命保険料を合わせて12万円引き落としとなっています。

一年に一回は旅行に行くようにしているので、その分として一回の旅行で家族全員でいって、約30万円ぐらい使っています。その旅行があるので、なんとか頑張れると、そんな気持ちでいるのです。普段の生活の中では、ほとんど娯楽と言う娯楽をしていません。

それと子供の塾代として月2万円、一番上の子供は中学生で公立なのでほとんど学費はいりません。まん中と一番下は、小学生でその二人の学費もほとんどいりません。

貯金成功の理由とは

新築を購入すると言う夢を、結婚した時に二人で決めていたので、その時から貯金を始めました。その貯金をするのは、最初から月20万円をするようにしていました。

それは最初は苦しかったのですが、子供の教育費など、これから掛かって来ると感じて、最初からその額を貯金することにしたのです。そしてその結果、新築を現金で購入することができました。

また、年代として貯金がしやすい時だったと感じます。今ではそれほど頑張ることができただろうかと感じます。そして近所に両親が住んでいることも、貯金をすることができた理由です。子供を預けることができるので、とても助かりました。

幼稚園でみてもらえない時など、みてもらうことができます。預ける手間もかからないし、仕事を続けることができました。やっぱり協力をしてくれる人が、近くにいるのは圧倒的に有利です。それがないと、仕事を続けることが無理だったと感じるのです。

また看護師として働いていなかったら、貯金をすることは無理ですね。そして主人の協力がなかったら無理と感じます。

貯金をすることができるのは、目標を持つことです。そして決して妥協しない事です。それができると、貯金をすることができると感じます。

今後の働き方と貯蓄目標

今後は、定年までしっかり働くことを目指します。退職金も年々下がっています。私が退職をする時には、どれくらいになっているのだろうと、少し不安があります。

もしできることなら、定年後も同じ職場で働かせてもらえるなら、働きたいです。

将来の老後については、絶対安心と言うことは望めません。その時、頼りになるのは、やっぱりお金です。そのため、今から将来の老後に向けて、出来るだけ貯金をするつもりです。

働ける時に働いていないと、今後の将来について不安があります。お金をどれだけ貯金をすれば安心と言うことがわかりません。

人生何があるのかわからないのです。そんな時、年金に頼ることはできないのです。そして私の年代になると、どのくらいで年金をもらえるのかもわかりませんね。そのことを思うと、とても不安です。

そのため、65歳までは必ず働こうと思っています。そのことは主人も同じ気持ちです。子供の世話になることは、微塵も考えていません。子供は子供の生活があるので、世話になることはできません。

もしも自分としても、両親の面倒をみるとなったら、無理と感じます。そのため、自分たちも老後は、老人ホームに入所する予定で、その分も貯金をしています。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座