結婚を控えた20代男性が少ない貯金を反省、今後の計画を語る

私は都内でシステムエンジニアの仕事をしております。年齢は28で、今は独身ですが、先日プロポーズをし、もうすぐ結婚します。子供はまだいませんが、近い将来欲しいと考えています。男の子、女の子の順で4人家族が理想的です。

収入と支出の内訳

私の年収は500万円ほどです。毎月の給料は、30万円ほどです。これは会社で加入している保険や持ち株のお金が天引きされたあとの金額です。

現在は独身ということもあり、ほとんど貯金はしておりません。銀行にあるお金は30万円程度です。ただ、株や不動産投資をしておりますので、「資産」という意味ではもっとあります。負債もいまのところその分あります。

生活費の内訳ですが、まずは食費と飲み代です。家で料理はほとんどしないので、だいたい外食かコンビニやほっともっとのお弁当を買って食べています。会社で食べる朝飯・昼飯も含めると1日でだいたい2000円くらい使っています。

飲み会は週1回程度あり、その時は6000円から10000円くらい使っています。

その他には、アマゾンプライムや雑誌の定期購読、家のWi-Fiの契約、スマートフォンの通信料、水光熱費などの定期的にでていくお金が17000円くらいあります。

また、本・漫画をよく買って読みます。だいたい一月で1万円から2万円程度使っています。

たまに友達や彼女と旅行にも行き、その時は10万円から15万円使っています。頻度としては半年に一回程度です。

家賃は10万円ですが、会社から補助が出ているので、7万円くらいです。

結婚を控え、貯金額が少ないことへの後悔

貯金はほとんどできていない現状です。年代としてまだ20代ということもあり、そんなに必要性を感じていませんでした。結婚して家族ができると確かに色々とお金は必要になると思うので、その時に貯めればよいかな、と考えておりました。

しかし、最近プロポーズをして婚約指輪や結婚式費用がかかるようになってきたので、今更になって貯金をしておかなかったことを後悔しています。株や不動産といった投資はしていても、やはりすぐに使える貯蓄は必要でした。

そのため、最近はお小遣い帳をつけておりますが、意外と節約が難しいことに気づきました。

貯金がなかなかできず、すぐに使ってしまう原因としては、何かと質が良いものを買おうとしてしまうことがまず挙げられます。似たようなものでも、パッケージが綺麗だとか、体に良さそうという理由で高いものを買ってしまっていました。

もう一つの原因としては、我慢がきかないところです。自分で稼ぐようになって、自分で使えるお金が増えたことで、特に制限をきかせず、気になったものはすぐに買う癖がついてしまっておりました。

漫画喫茶に行けば良いのに、本屋で買って読んだり、安い昼飯屋も近くにあるのに、高い昼飯屋を選んだりしておりました。

夫婦で協力して貯蓄生活を開始

将来に向けては現在、不動産投資と確定拠出年金、貯蓄型の保険等々の準備をしております。そのため、老後という意味ではあまりあまり不安はなしです。

しかし、直近の結婚や2〜3年後からくるでろう子供の養育・教育のことを考えると、一気にこの無駄遣い生活から節制して貯蓄する生活に変えなければならないと感じています。

ざっと未来の奥さんと将来にかかる費用を試算してみましたが、割と愕然としました。正直に奥さんに貯金がほとんどないことを伝え、これから節制生活を目指すと言いました。

幸い奥さんがかなり貯金していたため、借金等することなく、近々のお金がかかるイベントは難なく終わりそうです。(奥さんにお金を出してもらっているという点では、奥さんに借金していると言えるかもしれませんが。情けない限りです。)

どうやって貯金をしていくかを話し合った結果、まずはお互いにおこづかい制を設け、お互いがお互いの節制生活を監視することにしました。

毎月お小遣い分をマイナスした給料を共通で作った講座に入れて、そこから一緒に食べる食費や家賃、光熱費等を支払うことにしています。

ただあまり厳しく監視し節制しすぎると窮屈な生活になるので、たまには贅沢をすることも決めています。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座