貯金額700万!40代共働き夫婦の今後のマネープランとは

東京都在住で既婚、パート主婦です。夫、年齢41、私、年齢41、小学2年生8歳の子供が1人の3人家族です。仕事は主人が団体職員、私は介護職のパートです。 子どもが自閉症と言う障害をもっていて、将来お金を残す必要があるので、そのために将来設計は割と綿密にしている方だと思います。

収入と支出内訳、年度貯金目標

主人は年収800万程度、私のパート収入は50万程度で世帯年収は合計850万です。

主人の給料だけで生活はしていけますが現在は住宅ローンもあり、それと子どもの将来のための貯金として月々3万円とボーナス5×2で投資信託で積み立てています。そのため月々に生活費として使えるお金は30万くらいです。

内訳は主人のお小遣いが5万、マンションの駐車場代金を含めた管理費が4万、光熱費2~3万、子どもの学費や習い事の費用などで2万、様々な保険代が1万くらいなのでその他15万くらいで食費、娯楽費、通信費などのお金に当てています。月々はマイナスになることもありませんが貯金はほぼできていません。

そのため大きな買い物はボーナスですることになります。ボーナスは手取りで50万円ほどが2回ですが、1回分は住宅の固定資産税や車検、そして主人の実家への帰省代(飛行機の距離なので結構高いです)で半分以上はなくなってしまいます。

その他毎年何かしら家電が壊れたり少しリフォームが必要だったりすることで1回分のボーナスは消えます。2回目の年末のボーナスで年末やGW、夏休みの旅行をする分に当て、実質年の貯金は40万程度です。

私のパート収入の50万はそのまま貯金してあります。家の貯金50万と私のパート収入の50万、そして子ども手当ての12万を合わせて100万程年度貯金をすることを目標にしています。

必ず貯金していくためのオススメの方法とは

貯金は年100万と、子どものための積み立てが年46万になります。

年100万の貯金を続けて5年で合計500万、その前にまだ主人の給料が安かったころの貯金が200万程度あるので合計は700万円ありますが、これに関してはあと2年で住宅ローン控除の期間が終わってしまうので、そうしたら繰上げ返済をする予定です。

そのため老後の蓄えとはいかないので貯金としては考えていません。その分、住宅ローンを完済できれば貯金できる額に加速がつくので、老後のための貯蓄はその後にしていくつもりです。

また子どものための貯金、年46万円は始めてから6年経ち276万ですが、投資信託なので評価額がプラスになる350万程度になっています。

これは主人が定年するまであと19年続けると、リターンが5%くらいあれば2000万程度になるので、それを子どもに残すお金にしたいと考えています。

必要なお金は必ず貯金していくためには、やはり否が応でも自動的に引き落とされてしまう、自動積立を使っていくことがおすすめです。

子どもに残すため、あるいは老後のためなど、使うのが数十年先とまだ余裕のある年代ならば、多少のリスクは伴いますが逆にリターンも期待できる投資信託などを活用するのも良いと思います。

子供の将来と老後のため、貯金の必要性を2重で考える

今後主人の定年退職まであと19年、ほとんど年収は変わらずか多少アップする程度だと思います。公務員ではありませんが、団体職員なので安定しているのが利点です。

私も今のパートの仕事は介護職なので体を壊さなければ、ずっとパートは続けられると考えています。

住宅ローンはあと7年ほどでの完済を目指していて、それが終われば現在年間120万円ほど支払っているローン代がなくなりその分を貯金できると考えています。

今もこつこつ貯めている年の100万円については家も古くなってくれば大規模なリフォームになるし、車も買い替えるときもくるので、半分以上はきっと必要な何かに消えると思います。

もし余裕が出てくれば、自分たちも高齢にさしかかってくるので少し生活のレベルアップをしてもいいのかな?と考えています。

しかし住宅ローンの分120万をそれから定年まで貯蓄できれば12年で、約1500万円ほどの貯金ができるので、それと退職金を合わせて自分たちの老後の蓄えにしたいと思っています。

子供の将来と、自分たちの老後のため、2重で考えていく必要がありますが、今までのようにつつましく、けれど楽しめることは楽しみながら生活していきたいです。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座