30代女性が現状を反省、将来を見据えた貯金方法を考えます!

年齢は30歳の女性です。未婚で、子供はおりません。家族は実家で両親と6歳年下の妹と暮らしています。仕事は、企業の法人顧客向け問い合わせ窓口で電話応対の仕事をしています。雇用形態は派遣社員で、時給制のお仕事です。

収入と支出内訳

派遣社員で時給制の仕事に就いているので、毎月の給料は固定ではなく、勤務日数により変動します。具体的には、手取りで大体毎月17万円程度です。多い時で20万円、長期休暇のある月など少ない時で15万円台の時もあります。年収は200万円程度です。

貯金はありません。この年齢(30歳)にしては、恥ずかしいと思っています。

給料の使い道の内訳ですが、

・家賃(実家に入れるお金)5万円
・携帯電話代、1万2千円
・交通費(会社からは支給されません)1万円
・医療費(コンタクトレンズ代など)5千円
・奨学金の返済、3万円
・昼食代など、1万5千円

以上が、毎月の固定の支出です。

理想としては、固定の支出を差し引いた中から、毎月少しずつでも貯金したいとは思っているのですが、趣味にかけるお金や友人との交際費などで、毎月いつの間にか所持金がなくなっているという状況です。残高があれば使ってしまう、という感じです。

また、わずかながら貯金が貯まってきても、年齢的に周りの友人が結婚や出産をする年代なので、ご祝儀やお祝いの贈り物、遠方の結婚式に招かれた際などは交通費と宿泊費もかかり、まとまってお金が必要になるとすぐに貯金が底をついてしまします。

ここ2、3年は、貯金残高が10万円を超えたことはありません。

貯金ができない理由と対策を考える

私は明らかに貯金ができていない人ですが、その原因は、貯めることが習慣化できていないことにあると思います。そして、手元にお金があるとすぐに使ってしまうということも問題です。

ですので、もし私と同じくお金が貯まらないことに危機感を感じている方がいれば、とにかく少しずつでも良いので毎月いくらかずつ貯めることを習慣化していくことが大切ではないでしょうか。

20代の頃は「毎月1万ずつだったら、1年頑張って貯めたって12万にしかならない」と、少額ずつの貯金をおろそかにしてきたのですが、30歳になった今振り返ってみると「1年前からコツコツ貯めていたら、今頃は12万円貯まっていたはずなんだな。12万でも大きいな」と思い、貯金をしてこなかったことを後悔しています。

また、ATMでいつでも引き出せる口座に貯めておくと、手持ちのお金が足りなくなりそうになるとすぐに出金してしまうので、キャッシュカードのない口座に入金したり、定期預金にするなど、簡単に出金できないようにして、貯金した分のお金はもとからなかったものと考えて、手元にあるお金の範囲内でやりくりする術を身につけることができれば良いと思います。

20代から30代にかけては、結婚や出産が多い年代なので、まとまったお金が必要な場面が多いと思います。貯金は早く始めれば始めるほど、また額が多ければ多いほど、良いと思います。

将来のことを考えて貯金する意識を高く持つ

将来のことを考えるとどうしても不安になるばかりなので、あまり先のことは考えないようにしています。

けれども、私のように不安のある者こそ、老後のことも早めに考えておかなければならないとも感じています。

年をとるにつれて身体的な若さがなくなっていくのは明らかですから、今まではお金が十分にないことを若さでカバーできていた部分(例えば、どうしてもお金が足りなくなったら単発のアルバイトをするとか、治療費を抑えるために病院に行かず市販の薬で風邪を治すとか)が、同じやり方では通用しなくなっていくだろうと考えています。

つまり、年を取れば取るほど、よりお金が必要になっていくだろうということです。

考え方としては、支出を切り詰めて減らしていくことより、収入を増やす術を考えていこうと思っています。

そのひとつが、投資です。最近は株に興味を持ち情報収集をしているのですが、少額でも購入できる株があることを知りました。

あまりリスクの高いことはできませんが、銀行に預金してもほぼ利子がつかない経済状況ですので、ある程度まとまった額の貯金ができたら、株などの資産に変えて運用していくことを考えています。

取り急ぎ30代の目標は、贅沢はできなくても困ることなく生活していけるだけの経済力を身につけることです。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座