40代男性が子供の将来と親の介護費用のための貯金を考える

年齢は41歳、家族は妻と子供1人です。仕事は会社員をしています。東京都に在住しています。もともと熊本県の出身だったのですが、会社が関東だったため、家を東京に購入し、関東のほうに生活の拠点をうつしました。

毎月の収入と支出額内訳

毎月の給料は手取りで30万円程度です。残業は20時間行っています。貯金額は500万円ほどです。年収は700万円ほどです。

毎月の給料では、ほぼ貯金することができず、ボーナスで貯金をしていることが実情です。生活費は30万円のうち、購入したマンションの管理費・修繕費で5万円支払っています。

食費は5万円程度です。外食は月に5回程度行きます。外食は主にファミリーレストランや回転寿司などに行きます。外食は家族で行くのですが、使用する金額は大体3000円程度となります。

ネコを2匹かっており、ネコのえさ代で月1万円程度使っています。ガス代が月1万円、水道代が月1万円、電気代が月1万5千円となっています。主人である私のお小遣いが月5万円で、家内のお小遣いが月3万円です。

服などはユニクロやしまむらなどの安いお店で購入しています。あまり贅沢をしている気はありません。それでも手取り30万円で、月の支払いで、残りは1万~2万円ほど残るのみです。

ネコが病気になると病院代などがかかり、一回で7000円ほどかかります。また、私が定期的に病院に行くので、残りの1万~2万円を食いつぶしている感じになります。プラスの月はほとんどありません。

なかなか貯金が進まない現状とは

年代が30代のころは給料の手取り額が20万円ほどだったので、毎月マイナス収支でした。

年代が40代になってからは、ようやく給料の手取り額が30万円になってきたので、マイナスの月が減ってきました。それでもボーナス月以外は貯金ができていません。

ボーナスは半分以上がマンションの住宅ローンの支払いで飛んで行きます。

また、九州の実家に毎年1回家族で帰っているのですが、3人で繁忙期に東京から九州に飛行機で帰省すると20万円ほどかかるので、ボーナスの残りを食いつぶしている形になります。

毎年12月の年末控除で多目の給料がでるので、それを貯金としています。他にあまったお金は住宅ローンの前倒しで支払っています。

一年で貯金が出来ているのは50万円程度でしょうか。家内と相談して年100万円は貯金したいと思っているのですが、なかなかうまくいきません。

子供が障がいをもっており、子供の将来用に貯金をしています。一般生活の貯金とは別に切り離しています。子供の将来用の貯金は月6万円ほど積み立てているので、それで一般生活の貯金ができていないのかもしれません。

生活レベルは一般庶民並みだと思っています。子供の貯金額は子供が成人するまでに1000万円はためたいと思っています。

将来必要になるお金のための貯蓄目標

子供が障がいをもっているので、自分たちの老後は子供の世話にならずにしなければいけません。

また、障害をもつ子供の将来のことを考えると、子供にたくさんの資産や後見人などをつけなければならず、自分たちよりも子供のほうに資産をたくさん残すように考えています。

最近は、親が高齢化してきており、親の介護も視野に入ってきています。今のところ親は健在なので、しばらくは安心なのですが、周りの知人に話を聞くと、親の介護のために仕事をやめたりするケースを聞いたりします。

私の親は九州に残してきているので、障害をもつ子供と、遠く離れた親のことが心配です。

家内の親は近所に住んでいるので、何かあったときはすぐにかけつけることができますが、九州の親に何かあったときはすぐにかけつけることができません。

今のところ、九州の親には申し訳ないのですが、親に何かあったら施設に入ってもらうように考えていますが、障害を持つ子供の貯蓄が精一杯で、親の分の貯蓄までは手が回っていないのが現状です。

将来的なことを考えれば、自分たちの分、障害を持つ子供の分、親の分の3通りの貯蓄を実施しなければならないと思っていますが、今のところは自分たちと障がいをもつ子供の分だけで精一杯です。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座