コレが現実?パート勤務で30代の女性が貯金ができない理由とは?

36歳の女性です。家族は主人・私・小学生と幼稚園の2人の子供がいます。夫婦の年収は700万円くらいです。貯金額は200万円です。 主人の仕事は某企業の営業を担当しています。収入はふつう程度だと認識していますが、交際費などの出費も多く、カツカツの生活です。

子供がまだ小さいうちに貯金額を増やそうと思っていますが、なかなか思うように貯金ができないことが悩みの種です。

貯金ができていない現状と理由を考えてみた

周囲に勉強熱心な家庭が多いため、同程度の教育費をかけようと思うと「塾や習い事」に費やすコストが増えていきます。

またママ友とのランチ代・誕生日会のプレゼント代などの出費もあり、多くが「人間関係にまつわるコスト」のため、自分の意志のみで思うように減らすことができないことも悩みの種になっています。

株や投資信託をおこなっているママ友もいますが、儲かることもあれば損をするデメリットもあると聞いているので、手が出せません。

独身であったら多少リスキーな事にもトライできるのですが…夫と子供ありの身では「保守的な運用」しかできないという現実もあります。主婦でもトライできる、簡単な運用法があれば教えて欲しいと思います。

子供が幼いため現在はパート勤めのみですが、ゆくゆくは正社員を見据え企業に就職したいと思っています。

現在の日本では仕事から離れる「ブランク期間」が長ければ長いほど再就職しにくい現状があります。北欧のように子育てしながらスキルアップを図れる制度が、日本にも浸透してくれる事を心から願っています。

今後の予定と将来の見通しについて

現在賃貸のマンションに住んでいるため、早いうちに持ち家を取得することが現在の夢です。またマネーに関する知識を増やし、株や投資信託など「攻めの投資」をおこないたいと、考えています。

現在まだ30代ですが、これから「子供の大学進学の費用」「マイホームの頭金」「親の介護費」など多くのお金が必要になる時期も、近い未来に訪れるだろうと予想しています。

現在子供の塾や習い事代にかなりの資金を投じているため、取捨選択をはかりながら、いるもの・いらないものに項目分けして節約を図りたいと思います。

現在の貯金額は200万円ですが、今後10年くらいの間に最低1,000万円くらいは貯めておきたいと思っています。老後も安心して暮らせるために、収入がある今だからこそ節約を意識した毎日を送りたいです。


⇒ ゼロから初めて年収100万!日本語教師のビジネス講座